プラズマクラスター加湿空気清浄機に関連する家電製品

自然界に発生するプラスとマイナスイオンと同じものをプラズマ放電により活性酸素を発生させ、人工的に造り出し放出する技術を総称するものがプラズマクラスターです。 空気中のプラスイオンとマイナスイオンは、共に周りを水分子が取り込んでいるため長寿命であるとされています。 東芝や国内家電メーカーがマイナスイオンと称する技術を家電用に開発した後、シャープはプラスイオンとマイナスイオンの両方を室内に放出させる独自の技法を搭載したことで話題を集めました。 プラズマクラスター加湿空気清浄機をはじめ、エアコン、冷蔵庫など、イオン発生器を組み込んだ製品を続々と開発しています。 ちなみにこの呼称はシャープにより商標登録されています。 また近年は中国からの大気汚染であるPM2・5がニュースなどでも取り上げられていることから一家に一台ではなく各部屋に一つ一つ設置する家庭も増加しています。 お子様がいる家庭などでは将来的な子供の健康の事を考えて常にプラズマクラスターだけでなくマスクなどを用意している母親も急増しています。

近頃、プラズマクラスター加湿空気清浄機という言葉をTVや雑誌だけでなくインターネットなどでも良く見かけ、頻繁に使われていますね。 家電の好きな方なら、この商品がどんなものなのか?熟知されていることでしょう。 この名称付き○○、、、。 最新家電のコピー機や、モニター、プリンター、テレビetc...。 検索をすれば、こんなにいっぱいあるの?!という位に、家電製品がゾロゾロと出てきます。 車内の座席からきれいなものを放出&拡散する機能付きシートもあるとか。 この絶大的な存在感と溢れる魅力満載のプラズマクラスターとは、本来機能的にはどのようなものなのでしょうか?

真面目にアプリで出会いを探す

プラズマクラスター加湿空気清浄機の効果や性能を立証する研究

プラズマクラスターのことが少し理解できたところで、では、次にどのようなことに効果や意味があるのでしょうか?

  • 布に染み込ませたタバコの脱臭
  • ダニの糞、死骸のたんぱく質を除去し、アレルゲンを低減する
  • 大気中のウイルス除去
  • 浮遊ウイルスの作用を制御
  • 細菌の不活化
  • カビの分解除去
  • 肌の水分量の増加
  • 新型H1N1インフルエンザウイルスに対して2時間の商社で99.9%抑制する
  • シャープでは、広島大学、大阪市立大学、ハーバード大、ソウル大など、全国の機関で研究と効果を立証しているようです。 大橋靖雄教授監修の下で行われた試験に於いて、インフルエンザ感染率をおよそ数字で30%の低減に成功した事例も発表されています。 しかし、このような試験が統計学的な方向から至っていないことから、効果がないことを証明される部分もありました。 話題のプラズマクラスター搭載のハイクオリティな機能を持つ掃除機について、2012年11月28日、消費者庁が依頼した研究機関による調査の結果、シャープが広告を表示した「大気中に浮遊しているダニの糞や死骸等、アレルギーの原因となる物質を分解、除去する」という内容通りの性能が表れず、シャープに対し、不当表示防止法違反で措置命令が出され、これに対し、シャープ側は広告表示の修正を行いました。 しかし、シャープは商標登録までした性能を立証する研究、試験を今後も立証する予定がある模様です。 このような効果があることを理解すると、空気清浄機や掃除機、冷蔵庫にこの機能を搭載の製品展開は多少なりとも理解できるような気がします。 ポイントや要点としては肌の水分量の増加?という効果が科学的にもレポートされ立証されると、一般的にも女性のアンチエイジングの美肌機としてもプラズマクラスター加湿空気清浄機のニーズが徐々にゆっくりと結果としては高まるのではないでしょうか?

    このページの先頭へ