ダニはどこの家庭にも棲息しているからプラズマクラスターが必要になる

ダニは目に見えるものではなく、どの家庭にもごく普通に棲息しているものです。 その棲息率は、住宅環境にあると言われてます。 世界では6万種、日本では1700種類もの品種があると発表されています。 そのうち家庭内から検出されるダニは100~150種で、住居内にずっと除去しなければ、そこに棲息しているものとなります。 実際に家屋外から素早く侵入してくるものの合計だそうです。 2013年にダニのウィルスにより刺された人が3名死亡された内容のニュース速報がありました。 変化する最近の住居環境は、快適な高気密断熱設計にここでは結果として既存のシステムはなっております。 つまり、より快適な構造に出来ていますがプラズマクラスターの掃除が必要になります。 最終的に人間に快適な環境はダニの繁殖数を設定的にも飛躍的に増加させることにもなります。

どんなに念入りに最新の掃除機を掛けても肉眼では見えないところであるのです。 数え切れないほどのダニの糞や死骸は残っています。 アレルギーや喘息などのお子さまをお持ちのご家庭では、ほこりやアレルギー対策としてです。 高機能のプラズマクラスター加湿空気清浄機を新規に購入される方も、実際にかなり多いでしょう。 いくら高機能の空気清浄機でも完全に除去することは、まず今の所は不可能です。 普通はダニが棲息する限り、糞や死骸が粉塵化したものがこれらは空気中に目に見えませんが、実は多数浮遊しているのです。

アレルギー喘息の8割がダニをプラズマクラスター加湿空気清浄機で排除

アレルギー性喘息・鼻炎・結膜炎・アトピー性皮膚炎患者の発症率が増加しています。 患者の環境を調べてみると、多数発生する場所に居住されていることが解ります。 ダニが多数発生しているからと言って、決して掃除が行き届かない不衛生な方である訳ではありません。 増殖しやすい環境に居住しているならばプラズマクラスターで随時排除するべきです。

数ある種類の中でも、ヤケヒョウやコナヒョウは体長がおよそ0.3ミリです。 人間の血を吸わない種類ですが、喘息を起こすアレルゲンの過半数を占めると言われています。 アトピー性喘息が発症するしくみとは、これらは動物のフケなどの吸入アレルゲンが体内に侵入し、それがアレルゲンに対する抗体を作ります。 この抗体は人間の全身に周り待機し、ここでは新しいアレルゲンが勝手に侵入することがあります。 抗体との間でアレルギー反応が起こり化学伝達物質が自動で放出されるのです。 この化学伝達物質が、気管支の筋肉を収縮させ、気道を自動的に狭窄させて喘息を発症させるのでプラズマクラスター加湿空気清浄機の出番です。 特に恐ろしいのは、15歳未満で発症する小児喘息で、5歳以下で発症するケースが多く、この小児喘息のおよそ8割はアレルギー性喘息だと言われています。 その8割の原因が、糞や死骸、卵などの粉塵化したものが空気中に浮遊していることとダニは関係があるそうです。


このページの先頭へ