プラズマクラスターのイオン濃度とは?

プラズマクラスター加湿空気清浄機機の製品カタログを観てみると、「高濃度イオン」「25000」などの言葉や数字が出てきます。 イオン濃度とはいったい何でしょうか?やはり低いよりは高い方が良いイメージがしますが、これを少し知識を勉強してみましょう。 通常では電気を帯びた目に見えない微粒子のことです。 自然界に発生するシステムのイオン化は、宇宙線、放射能、大気中の摩擦からこれが発生します。 空気中にはプラスとマイナスのそれぞれが存在しております。 例えば、こういったマイナスイオンは森林や緑の多い場所に多く存在しています。 以上を踏まえると人間は、こうしたナチュラルな自然に触れると自然とリラックスを一般的には覚えます。 結局はまたそのような場所に行きたいと心から求め願います。

パワースポットなども一種のマイナスイオン発生エリアと関係があるのです。 マイナスイオンには血液浄化作用があります。 酸性化している血液を弱アルカリ性の血液に自動機能で変換します。 代謝を活発にし、細胞の活性化もさせてくれます。 濃度とは、一般に電極では、電極の電位と(活量)の対数が比例関係にあります。 その関係はネルンストの綿密な計算式により求めることができます。 私には、いくら調べても理解が出来ませんので、結果としてはシャープが独自に開発したものです。 プラズマクラスターのイオン濃度25,000個/cm3(標準モード時)とは、本当はどのような意味なのかをまずは最初にご説明しましょう。 プラズマクラスター25000で実証している複数の肉体的効果とは? 畳約6~10相当の試験空間における実証結果ということであります。 度が同等であれば同様の効果があると考えられます。 もっとわかりやすく言いますと、高濃度25000とは、これらは1cm3の大気中25,000個が発生する機能があると言う意味です。

プラズマクラスター加湿空気清浄機のマイナスイオンが及ぼす人間の脳波への影響

1cm3の大気中32,000個のプラス濃度の空気を20分間吸うと喉の渇き、声の変化、鼻孔の痒みやつまりが明確に見られはじまります。 プラスイオンが高いと交感神経を刺激し、精神を高揚させる作用があります。 プラスのほとんどは酸素分子であり、肺の呼吸によって体内に一旦吸収され、セルトニンというホルモンが分泌されます。 セルトニンは身体に悪影響を次第に及ぼします。

逆に、マイナスイオンを10分間吸引すると、脳波も安定し人間は精神的に徐々に安らぎます。 人間にとってプラズマクラスター加湿空気清浄機のマイナス濃度がいかに重要な物かが解りますね。 α派を刺激する音楽やCDなどが販売されていることをご存知の方も多いでしょう。 私たちの大脳は、脳の働きによって脳電流が発生しています。 脳波は主にβ波・α波・θ波・δ波の4つに分かれます。 この中のα波が、もっとも安らぎの精神状態を保つ状態であります。 ここでは脳の活動の目安ともなっています。 プラズマクラスターイオン発生機には、プラスとマイナスがバランス良く且つ理想的な濃度で発生される製品なのです。


このページの先頭へ