プラズマクラスターのイオン放出系の空気除菌機能

加湿空気清浄機の機能で流行となっているのが「除菌機能」がついているものでしょう。 機能には「イオン放出系」と「内部」があります。 大手のダイキン・シャープ・パナソニックの家電3大メーカーの最新モデルでは、空気除菌機能を搭載しています。 そして除菌と言えば、これまでは、シャープの「プラズマクラスター加湿空気清浄機」があります。 パナソニックの「ナノイー」の、イオン放出系の空中除菌機能VSダイキンの「光速ストリーマ」の内部機能の2つのタイプに分かれていました。 ここで新たにダイキン会社が「アクティブプラズマイオン」という内容のプランとプログラムがあります。 ここでは最新で搭載するようになります。 大手の家電3大メーカーの加湿清浄機のすべてが、イオン放出系の機能搭載となりました。 これが今では結果として、イオン放出系の除菌とは、この大手の家電メーカーによって開発技術が異なり名称も実際に違います。 こうした基本的な構造はほぼ同じと結果的には言えるようです。

空気中に存在する水分子に、高い電圧と負荷を掛けると分離しイオン化します。 イオンを空気中に放出することで「OHラジカル」というイオンに変化します。 OHラジカルが、カビや有害なウイルスなどの物質の表面に付着することです。 これによりたんぱく質を分離し、カビ菌類の物質作用が制御されるメカニズムとなっています。 イオン放出系のオプションでは、大気中のカビ菌類やウイルスなどの雑菌です。 有害物質の活動を制御できる他、家具やカーペット、カーテンなどの表面などに付着した匂いの元の消臭効果にも更に優れていると言われています。 このイオンは非常に不安定なためです。 大気中に放出される短時間のうちに水に戻ってしまう性質があることがかなりのデメリットです。 このため、やはり集計のデータから見てもプラズマクラスター加湿空気清浄機から遠い場所では効果が無いのです。 これは部屋中を綺麗にできるという訳では現時点ではないようです。


カビ菌類を集塵するプラズマクラスター除菌の機能

市販の空気清浄機には、いくつかの他のスイッチが備わっている製品が徐々に開発されています。 最もメジャーなのは、加湿タイプのものではないでしょうか。 プラズマクラスター加湿空気清浄機は、春先の花粉症の症状や、一年中ハウスダストのアレルギー症状で深刻にお悩みの方にとっては、まさに必需品と言えるべき家電製品です。 特に、就学前のお子さまのアレルギーのために清浄機の購入を検討中の方もいらっしゃることでしょう。 プラズマクラスター加湿空気清浄機の機能とはいったい何でしょう? 例えば、掃除機を掛けて、カーペットに付いたゴミや、清浄機から距離のある床に落ちたものは絶対に吸引できません。 あくまでもお部屋に浮遊しているダニ・花粉・塵・ペットの毛・ウイルスなどを除菌します。 家電メーカーや製品によっても機能の差がありますが、ダイキンの加湿清浄機ではどうでしょうか。 光速ストリーマスイッチにより電撃を加えてダニやウイルスなどを分解するパワーが抜群です。


このページの先頭へ