効果についてプラズマクラスター加湿空気清浄機に対して消費者庁から措置命令が下る

プラズマクラスターはシャープだけ~!でお馴染のシャープですが、既にご存知のように、昨年11月28日に、消費者庁からシャープに対して措置命令が実はメディアでも特集されましたが出されました。 シャープの電気掃除機の広告の一部表示に於いて、製品カタログの表記上で「不当景品類及び不当表示防止法」に関係し問題があるという内容でした。 消費者庁は、外部の研究機関に依頼し、高濃度7000プラズマクラスター加湿空気清浄機の検査をした結果としてです。 「これらの掃除機は、アレルギーの原因とならない物質に分解または除去することができるような性能を有するものではなかった」と公にレポートを報告しています。 結局は現状で極論を言えばこの内容によります。 内容は会社のシャープはカタログ表示を修正するなどの措置をいくつか当時に取りました。

シャープ側は、全国の研究機関に於いて、数値的な効果を立証しています。 このような実験が統計学的に行われていないとの批判を浴びました。 実際のところ、プラスマクラスターの愛用者に効果があるか?。 についてのレビューを拝見してみると、これは本当にここでも実感されている方もどうしても多いようです。 シャープのこれまでのプラズマクラスター加湿空気清浄機に対する試験や研究は虚偽であるわけでは実際には無いのです。 これを検査した消費者庁の測定側との基準や見解の違いではないでしょうか。 大手のシャープは、措置命令が下る前にも、カラー紙面の綺麗なカタログ表示では、どうでしょうか? 「1立方平方メートルの箱の中で」と規定している訳です。 対してこれはニュースでも消費者庁は、「1立方平方メートル以上の広さの中で、これはその測定内で有効ではなかった」という環境を作るうえでこの答えは残念な結果です。

プラズマクラスター加湿空気清浄機は効果があるかどうか?はユーザーの見解

結局のところ、実際に使用したユーザーがどの位の以前との効果を期待し、それを享受できるか?により過大な表示があると指摘されたというところではないでしょうか。 プラズマクラスターから放出されたイオンが空気中の対象物質に接触すれば、宣伝される効果があるのは過大表示ではないとも言えるでしょう。 イオン放出系の空気除菌の効果とは、あくまでもお部屋の空気中に浮遊しているダニ・花粉・塵・ペットの毛・ウイルスなどを満遍なく吸引します。 例えば、掃除機を掛けて、カーペットに付いた汚いゴミや、空気清浄機から距離のある床に落ちたものは吸引出来ません。 そのような意味で、効果が期待出来なかったというユーザーの意見もあることでしょう。 まだまだ開発途中であり、将来的にプラズマクラスター加湿空気清浄機を商品登録したシャープ側も、今後も研究や試験を続けて欲しいところでもあり、他メーカーと競い合いながら、より効果的な最新モデルを開発して欲しいですね。 製品カタログの表示とは、メディアで商品登録をして世間に注目を浴びれば浴びるほどです。 ネットの誹謗中傷の対象となることを前提に、誰もが文句を付けられない統計学を学んだ上で、実験や研究を重ねてから言葉を選んで表示をしなければならない・・・シャープの重い教訓となっているのでしょう。


このページの先頭へ